無痛治療によってもう歯医者は怖くないか

>

痛みの個人差

歯科医院の無痛治療の取り組み方

医院内の雰囲気作りから始まり、丁寧なカウンセリングもまた無痛治療の一環であります。
医者に対し不信感を持つと信頼できないという気持ちから不安感が増量します。
その為にもどんな痛みか、どんなトラブルか、麻酔は苦手かなど丁寧に話を聞いて安心させることもとても大事です。
またどこでも麻酔の治療は行いますが通常注射を使います。
針も太さで痛みも違うので細い針を使うとか、いきなり大量な麻酔薬が注入されないよう電動麻酔機などを使う工夫もしている歯医者さんもあります。
電動麻酔機とはコンピュ-タ-制御で速度も加圧も一定なのでほとんど痛みを感じません。
ジェルやスプレ-の表面麻酔を使って、局所麻酔の際の刺激を軽減したり、麻酔薬の温度も若干温かめに工夫したりもしています。
体内に注入するのですから温度は体温に近いほうが苦痛が少ないと言います。

削り方の工夫削らない工夫

歯を削らないカリソルブ治療があります。
虫歯を溶かす薬剤を患部にピンポイントで投入します。
麻酔も使わず、痛みもない、神経を残せる治療です。
対象としては根幹まで虫歯が侵食していない歯の治療になります。
この治療ですと麻酔が苦手な人も安心ですね。
レーザー治療はレーザー光を歯に照射することで、やはりピンポイント治療なので周囲の組織に影響を与えません。
削るとき独特の苦手な音もなく、通常の治療に比べて痛みがかなり少ないと言います。
こちらは治療時間も少なく、虫歯だけでなく口内炎などにも適合し麻酔の必要もありません。
また根幹治療にも優れています。
エア-アブレ-ション治療はドリルで削るのではなくこのエア-アブレ-ションという特殊な機械を使うことで微粒子を使って削ります。
振動や音が少ない子供に適した治療とも言われます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る