無痛治療によってもう歯医者は怖くないか

>

麻酔中心の無痛治療

静脈内鎮静法

削る音を聞くだけでも耐えられない人や使う薬品の臭いに敏感な人に使用します。
全身麻酔と違って半分寝ている感覚ですが会話はできる程度の麻酔になります。
鎮静剤を腕の静脈に点滴する方法です。
通常の局部麻酔と併用して不安を取り除きリラックスさせる効果があります。
終わった後には記憶も残ってないという人もいます。
大変安全性は高いと言われていますが、リスクは皆無と言うわけではなく血圧に影響する場合もあるので異常が発生した場合即座に対応できる麻酔専属医師が常に対応できる状態の歯科医院を選ぶことが大切です。
この方法でも無理な場合は全身麻酔があります。
こちらは眠っている状態で治療が行われ処置が長時間になる治療やインプラントなどの時に使われます。
体の状態によっては適さない場合もあるので充分なカウンセリングを行います。

笑気吸入鎮静法

笑気ガスを鼻マスクなどから吸います。
比較的弱い鎮静、睡眠、鎮静作用があり、やはり局部麻酔と併用します。
他にも特徴として効果が早い、消失も速やかで、心疾患や肺疾患も影響が少ないと言います。
濃度も30%ほどで70%の酸素と一緒に使われるので患者への負担が少ない安全性が高い方法です。
名称に「笑」と言う文字が使われていますが、使っているときの患者の表情が笑っているように見えたからと言われています。
うっとりとした状態になる事が想像できますね。
それでも初めての人は不安もあるでしょう。
恐怖心から体内でアドレナリンが増幅すると麻酔自体にも含まれているアドレナリンとの作用で必要以上にドキドキして具合が悪く感じることもあります。
事前に歯医者さんに相談しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る